teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: ライラック

 投稿者:ミルク  投稿日:2017年 5月21日(日)11時18分44秒
返信・引用
  > No.8965[元記事へ]

ジャーニーさんへのお返事です。そういえば私も、ライラックってよく知りません。だから香りも知りません。ていうか、植物にあまり興味がないんです。
うちの庭にはすずらんが咲いていることも、ヘルパーさんから聞いて知りました。
お便りスパシーバしか聞いていなかったのは、私です。有料のサウンドクラウドじゃなくて、無料のユーチューブででも、放送が再会されればと、願っています。
 
 

ライラック

 投稿者:ジャーニー  投稿日:2017年 5月20日(土)21時55分40秒
返信・引用
   MMMのライラック拝聴しました。ありがとうございます。サウンドクラウドがまだ使えるうちにというのが切ない。お礼のライラック返し。ライラックの曲でお気に入りはユーリー・アントノフの歌です。貼っておきます。

 Юрий Антонов  「 Хмельная сирень 」
 https://www.youtube.com/watch?v=-ilO7B86C24

 ちなみにライラックの木って見たことがありません。どこか公園に植えてあるのかもしれませんが、東京都内では見かけません。なのでどんな香りなのか知りません。ライラックって大木になるんですか?それとも東京だと暑すぎて木が育たない?

 

アーラさん、ありがとうございます。

 投稿者:青木  投稿日:2017年 5月19日(金)09時41分12秒
返信・引用
  私が住む宮城でもライラックが見頃です。ところが、それは白に近い薄紫で、濃い紫のライラックは見たことがありません。近づいて匂いをかいでみても、いろいろな思いを喚起するほどのものではありません。

ここ、MMMでライラックの魅力を堪能させていただきますね。
 

MMM2012年5月14日号

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 5月19日(金)02時43分22秒
返信・引用
  サウンドクラウドがまだ使えるうちに、アーラさんがアップしてくれました。テーマは「ライラック」です。よろしければお聞きください。

日向寺 https://soundcloud.com/sputnik-jp/lilac
 

あと、もう一歩

 投稿者:バイカル湖研究者のナガナワです  投稿日:2017年 5月18日(木)18時34分31秒
返信・引用
  日向寺さん、日本語課スタッフのみなさん、たいへんでしたね。でも、これまでに築かれたリスナーとの絆は、かけがえのない財産ですから大切にしてください。私は、今年の夏以降、モスクワ大学とサンクトペテルブルクのロシア科学アカデミー動物学研究所へ行こうと申請中で、結果を待っているところです。パリの唐沢さんに引き続き、こんどは日本から私がお邪魔できればと、それが現在の私の最大の楽しみでもあります。人生には、いろいろな節目がありますが、そんなときにこそ転機になるのは、あんがい旧知の仲間だったりします。これからもどうかよろしくお願いいたします。最近も、ロシアの野生生物の取材をされたご経験をお持ちの、日本人のカメラマンのかたとお友達になりました。彼は、ソ連の時代から何度か、おもにシベリアで撮影の仕事をされたそうです。  

Re: 新しい投稿?

 投稿者:とあるリスナー  投稿日:2017年 5月17日(水)23時28分24秒
返信・引用
  > No.8960[元記事へ]

Y/Hyugajiさんへのお返事です。

良くはないだろうと思っておりましたが、そこまで深刻な状態とは……私も家と職場で、新着全記事閲覧と、「いいね」クリックをやっていきます。
(これは、グッドニュースとバッドニュースで使うのか、記事の質の評価用なのか分かりませんが、適当に使い分けます)
それにしても、アーラさんの頑張りでサウンドクラウドがまだ残っていることも驚きです。突然の打ち切りだけでなく、それもまたロシアの一面なのでしょうね。応援致します。

私は、音声配信フォームはもう絶望と考えて、記事版の「お便りスパシーバ」をスタートして、
そこに1分程度の「編集部からのビデオメッセージ」を動画(Youtube)で上げることを許してもらい、
1分を2分、2分を4分……と伸ばして、十数分程度の「番組」にまで拡大できないだろうか?
等と考えておりました。
あとは、NHKの「地球ラジオ」のように編集部から「お題」を振ってtwitterやコメント欄での気軽な投稿で参加できるようにするとか、
一部は時事の話題の対談記事みたいにして、関連する記事へのリンクを貼りまくって閲覧数への貢献をアピールするとか。

サイトの記事についていえば、「次回も続きを読みたい」というような工夫をして、もっと「常連」を増やせないだろうかと思います。
オピニオンでは重厚な連載企画があるとよいと思いますが、それよりもっと簡単なものとして、
例えば、Youtubeリンクを貼ってロシアの歌曲を簡単に紹介する、ミニ「MMM」みたいな連載記事をやってほしいです。
1回に1曲、作詞者作曲者、作曲された年、歌詞の内容やその一部の翻訳くらいの内容でも、
3日に一回くらいの投稿をずっと続けていれば、常連がついて、アクセス数に貢献できるのではないかと思います。
こういうときになんとのんきな企画を、と上層部からは思われるかもしれませんが、こんなときだからこそ、
手段を選んでいる余裕はないし、旧「ロシアの声」の良いところが、生かせるのではないかと思いますので。

逆に、ときどきある日本メディア発のニュースは、とっくに知っているような話が多く、閲覧数もあまり多くないので、なくてもいいように思います。


雑多な思い付きばかりですみません。


追伸 「とあるリスナー」は、大阪の本山です
 

Re: 新しい投稿?

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 5月16日(火)22時28分39秒
返信・引用 編集済
  > No.8958[元記事へ]

とあるリスナーさんへのお返事です。

>ありがとうございます。
パリの唐沢さん登場のおかげで、まだサウンドクラウドでのチャンスが多少残っており、アーラさんが頑張っています。どうか応援お願いします。

日向寺
 

モスクワよりのご連絡

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 5月16日(火)22時23分48秒
返信・引用
  ペーチカ及びすべてのリスナーの皆さま

 せっかくの皆様の御支援にもかかわらず、私共の力及ばず、音声番組停止に至ってしまい、心から深くお詫び申し上げます。
 本当に申し訳ありません。
 今回、コリア課、イラン課、アフガニスタン課、クルド課などが軒並み閉鎖される中で、日本課が今後も生き残るためには、日向寺も労働日は終日翻訳専門に回り(これまで「おたスパ」収録日は、この番組準備のため、他の仕事は特別に免除されていた)、一つでもニュースや解説などを多く訳し、アクセス数を増やす「戦線」に加わってほしいとの、強い依頼があり、私もそれを受け入れました。
 近日中に、社長と面談する予定ですので、今後のことはまた、詳しくわかり次第、皆様にお伝えいたします。
 本当に長期にわたる、音声放送に対する皆様からのお励まし、御協力に、改めて衷心より感謝申し上げます。
 ひとまず、略式ながら、現在分かっていることを、ご連絡させていただきました。

2017年5月16日 日向寺康雄
 

新しい投稿?

 投稿者:とあるリスナー  投稿日:2017年 5月16日(火)22時18分52秒
返信・引用
  ロシアフアン様

トップページからのリンクは「雲」マークだけを残して全部消えていますが、記事や音声ファイルそのものは残っている模様です。
音声ファイル
https://soundcloud.com/sputnik-jp
記事
https://jp.sputniknews.com/podcasts_offtopic/
https://jp.sputniknews.com/podcasts_archive/

また、先刻、5日ぶりにサウンドクラウドに新しい音声ファイルがアップされました。
復活の狼煙ならいいのですが、リスナーへの最後の餞別になるのでしょうか。

「ロシアの声」アーカイブから:今の季節、春を歌った曲を聴いてください。
https://soundcloud.com/sputnik-jp/springmusic
 

削除されてます

 投稿者:ロシアフアン  投稿日:2017年 5月15日(月)22時44分20秒
返信・引用
  皆さま情報ありがとうございます。

本日確認したら、過去のポッドキャストも削除されていました。
 

唐澤さんがリスナーを代弁しています

 投稿者:蒲生昌明  投稿日:2017年 5月14日(日)07時42分46秒
返信・引用
  唐澤さんの投稿、今の私(あるいは他のリスナーの皆さんも同様と思いますが)の気持ちを見事に代弁して下さっています。唐澤さん、ありがとうございます。

更に私なりに、僭越ですが、書き加えさせて頂きます。
モスクワからの放送に限りませんが、遠隔地からの放送は「役割を終えた」とは申しませんが、ラジオ以外の様々な情報発信と授受の方法が増えて格段に便利になり、ラジオ放送が占める役割は相対的に低くなったことは否めないと思います。

私はこの数年、「ソ連カルチャーカルチャー」「ソ連東欧グルーヴィ―ナイト」「ソ連バー」などの「懐ソ」なイベントに何度か参加しましたが、会場が満席になるほどの参加者がいながら、モスクワからの放送やポッドキャストを聴くのはおろか、その存在さえ知らない人が多いのです。でも、皆さんソ連やロシアのことをよくご存知ですし、並々ならぬ関心を持っています。つまり、この人たちにとってラジオ放送やポッドキャストはなくても、それぞれロシア情報を得る手段を身近に持っていると言うことです。この人たちにアピールできる「何か」がないと、今後の放送の維持は困難でしょうし、いつまでも放送が「仲間うち」だけのもので終わってしまうでしょう。
私自身がその「仲間うち」の一人なのですが、唐澤さんのご指摘にもあるように、おたよりを局に送るリスナーの顔ぶれはある程度決まっていますし、番組内で「ガモーノフ・ソ連文化問題評論員は……」などと言われると内心嬉しく思う反面、やっぱり仲間うちだけの放送なのかなあ、と思うことがしばしばありました。

仮に今後、復活再開の目処がたったとしても、課題はたくさんあると思います。
 

感想文

 投稿者:ゴーヤ  投稿日:2017年 5月14日(日)07時32分45秒
返信・引用 編集済
  案の定の結果だった。
お便りスパシーバ以外は軒並み100から200台がいいとこだった。

お便りスパシーバしか聴いてない人が多すぎるのではないか?

スタッフは可能な範囲でやるだけのことはやった。
だから責任を感じることはないと。

どうでもいいが、なぜカネのかかるサウンドクラウドを利用してファイルアップをしていたのか?
上層部のお好きなyou tubeでファイルアップすれば15分超でも無料契約できるだろうに。


ただそのサウンドクラウドも日本語だけがアクセス数が少ないわけではない。
他言語も一部項目を除いては軒並み2桁が大半となっている。
その多言語班でアクセス数が軒並み3桁を記録してるのは日本語以外ではベトナム語くらいしかない。

-----

参考:他言語班のサウンドクラウド

英語
https://soundcloud.com/radiosputnik
フランス語
https://soundcloud.com/sputnik_fr
ドイツ語
https://soundcloud.com/sputnik-de

トルコ語
https://soundcloud.com/sputnik-tr
アラビア語
https://soundcloud.com/sputnikarabic

ベトナム語
https://soundcloud.com/sputnik_vn


サウンドクラウド未開設:
上記以外の言語班


-----

参考:YOU TUBE開設言語班

日本語
https://www.youtube.com/channel/UCU0HLU4cC0ZHarCRQ1WQgMw/videos

英語
https://www.youtube.com/c/SputnikInternational
フランス語
https://www.youtube.com/channel/UCqwac9xog45LRWMvufXs3hA/videos
ドイツ語
https://www.youtube.com/channel/UC4ohrTE3vw4FW_f-CbEM-4g/videos


セルビア語
https://www.youtube.com/channel/UCejt0WVG6-OFri-I7prjPHw/videos

アラビア語
https://www.youtube.com/channel/UCvluKFkkk_zbIPA1Vw-X_7g/videos


YOU TUBE未開設:
上記以外の言語班


 

記録

 投稿者:ゴーヤ  投稿日:2017年 5月14日(日)07時23分34秒
返信・引用 編集済
  オンデマンド 2017年5月11日木曜日

テーマ:
「お便りスパシーバ」5月11日号
https://soundcloud.com/sputnik-jp/letters-11-05-2017
放送時間40分37秒

担当:
日向寺

A.トーク
リスナーからのメールが紹介されました。
今回でサウンドクラウド打ち切り通告となりました。


-----

オンデマンド 2017年5月3日水曜日

テーマ:
「お便りスパシーバ」5月3日号
https://soundcloud.com/sputnik-jp/letters-03-05-17
放送時間56分30秒

担当:
日向寺・後閑

A.トーク
リスナーからのメールが紹介されました。


-----


MMMモスクワミュージックマガジン 2015年5月8日金曜日

A.トーク
5月9日が戦勝記念日ということで大祖国戦争をテーマにした曲の数々が紹介されました。
https://soundcloud.com/sputnik-jp/157au2i32xwu

B.選曲

1曲目
Священная война
聖なる戦い

↓解説
http://ja.wikipedia.org/wiki/聖なる戦い

2曲目
Марш Танкистов
戦車隊のマーチ
www.youtube.com/watch?v=LTx9STT1ObU
(演奏:ロシア国防省オーケストラ )

3曲目
Людмила Николаева - Катюша
リュドミラ・ニカラーイェヴァ - カチューシャ

4曲目
Победный марш
勝利のマーチ
https://www.youtube.com/watch?v=-nDLSVDS1Xc

5曲目
Смуглянка
スムグリャンカ (小麦色の娘)
https://www.youtube.com/watch?v=ErQ6h1KLm8M

歌唱はОлег Газманов(アレク・ガズマノフ)とБлестящие(ブリスチャーシイェ)
(2003-2007までАнна СеменовичはБлестящиеのメンバーでした。)

6曲目
Лев Лещенко - День Победы
レフ・レシェンコ - 勝利の日

↓解説
https://ru.wikipedia.org/wiki/День_Победы_(песня)

 

4876

 投稿者:ゴーヤ  投稿日:2017年 5月14日(日)07時20分59秒
返信・引用
  http://www.sweet815.com/?p=4876

視聴確認済です。
 

Re: ちょっとしたお休みでありますように・・・

 投稿者:唐澤  投稿日:2017年 5月14日(日)01時17分24秒
返信・引用
  皆さん、こんにちは

>
> アーラさんと日向寺さんがおっしゃったように、これが、ちょっとしたお休みであることを祈っております。





 最後のポッドキャスト版を聴き、正直言ってショックでした。
本日までちょっとコメントする気分になれませんでした。
私がモスクワの新しいスタジオを訪問した最初で最後のリスナーになってしまうのか、と思うと
残念でなりませんし、そうならないように祈りたいです。

 やはり冷静に見れば、上層部の考えも分からないではないです。
クリック500回と言えば、個人のブログや投稿でも稼げる回数です。
しかも「おたスパ」のクリックは下駄を履かせた数です。私も週に同じ放送を3-4回は繰り返し聴きますから、
本当に聴いているリスナーの数は、果たして何人でしょうか?
現在のコアなリスナー数は250-300人と言うところでしょうか?
そのなかからメールを送る人は更に少ないでしょう。お手紙を紹介される常連リスナーは、本当に
「常連」で毎回同じ名前です。
番組の中でも「初めてメールします」というお便りはほとんど聞かれません。若い方、新しいリスナーが
なかなか現れなかったことはこれから増々考えなくてはいけない課題でしょう。

NHKが海外の500人向けの放送を企画する訳が無く、500人のリスナーと言えば、地方自治体の町・村レベルの
放送でしょう。私の実家・長野県の町役場の放送でさえ、もっと多いでしょう。
田舎なので高齢者はネットなどの情報源が無く、役場の定時放送(街頭スピーカー、有線放送など)を
意外と聴いています。ネットを使えない私の83歳の父は、それしかないので、結構毎日きちんと聞いています。

 2年前、私はYoutubeに「ロシアの声、復活希望」の動画を皆さんのご協力を頂き、作成・投稿しました。
再生回数は表向き7500回でしたが、このうち4000回は私自身が一日中リピートしたりして稼いだものでした。
蒲生さんたちがロシア大使館にプーチン大統領宛に手紙を送ってくれたりもしましたが、
復活はなりませんでした。

 もちろん、クリック数、リスナーの数が少ない事を批判している訳ではありません。
リスナー、スタッフの誰もが、短波、中波の復活、おたスパの放送復活を願っています。
それは重々承知ですが、やはり現実を直視しなくてはいけないと思います。
 ただ、少しの間のお休みであって欲しいです。暫くしたら、また、おたスパの”放送”が復活
して欲しいと切に願います。でも願ってばかりいても、、、、と思います。
今、この記事を書いている私も、何をすればいいのか分かりません。何ができるのか分かりません。
もしかしたら、将来「日本語課の存在」事体も、上層部のまな板に載ってしまうかもしれません。
 短波、中波の復活は無理でも、おたスパの「再」放送化に向けて、リスナーができることは何でしょう。
今まで、奇跡的に色々な難局を乗り切ってきました。それは本当に、奇跡の連続であって、
今回もまた、奇跡の様な神風が吹いて欲しいと願わずにはいられませんが、、、
待ってばかり、他人任せではいけないのではないでしょうか?
奇跡と言えば、この「ペーチカ」の様な、スタッフとリスナーを結ぶページが存在すること自体が
既に奇跡です。スタッフとリスナーが議論できる場があるんです。これを最大限活用したいです。

 とりあえず私のできる事から始めます。
Facebook、Twitterのスプートニクの記事はもちろん、スプートニクのホームページの(出来得る限り)
全ての記事に「いいね!」をクリックしたいと思います。そしてどんどんシェアしたいです。
いままで、例えば「テロや事故」の記事に対しては「いいね」をすることは躊躇っていました。
SEX関連の記事にも、「いいね」はしにくかったです。暫くの間は、やみくもでもありますが、
読める限りの記事全てに「いいね」マークを付けていきます。

まず、新しいシステムの新「おたスパ」を待ちます。

 皆さんも、何かアイデアが有りましたら、実行可能・不可能に関わらず書き込んで下さい。
議論を深めることが、この9回裏2アウトからの大逆転に繋がるのではないでしょうか。

 週末の「独り言(愚痴)」を書いてみました。長文、失礼しました。

皆さん、良い週末をお過ごしください。

         唐澤



 

確認取れました

 投稿者:ロシアフアン  投稿日:2017年 5月14日(日)01時13分38秒
返信・引用
  Юя Танака様情報提供ありがとうございます。

今アクセスして聞いたところですが、日向寺さん後閑さんのFBにもカキコされていなかったので、大変驚いております。
後閑さんの、声が聴けなくなると寂しくなります。

 

Re: 放送中止???

 投稿者:Юя Танака  投稿日:2017年 5月14日(日)00時30分17秒
返信・引用
  > No.8949[元記事へ]

ロシアフアンさんへのお返事です。

33分52秒です。
https://soundcloud.com/sputnik-jp/letters-11-05-2017

> 新宿の集まり以来御符沙汰しています。
> イラン旅行者から、紛らわしいので投稿名変更しました。
>
> 5月11日号慌てて聞いたのですが、確認できませんでしたので、お手数ですが○○分○○秒放送がわかる方がいらしたらカキコお願いいたします。
> (日ロ交流協会、ユーラシア協会等で聞かれる可能性がありますので)
 

放送中止???

 投稿者:ロシアフアン  投稿日:2017年 5月14日(日)00時14分3秒
返信・引用
  新宿の集まり以来御符沙汰しています。
イラン旅行者から、紛らわしいので投稿名変更しました。

5月11日号慌てて聞いたのですが、確認できませんでしたので、お手数ですが○○分○○秒放送がわかる方がいらしたらカキコお願いいたします。
(日ロ交流協会、ユーラシア協会等で聞かれる可能性がありますので)
 

Re: ちょっとしたお休みでありますように・・・

 投稿者:蒲生昌明  投稿日:2017年 5月12日(金)21時11分42秒
返信・引用
  > No.8946[元記事へ]

Юя Танакаさんへのお返事です。

> こちらから聴けると思います。
>
> 2017「お便りスパシーバ」5月11日(戦勝記念日)号

田中さん、青木さん、ありがとうございます。今、放送を聴き終えました。ちょっとショッキングな内容でしたが、ポッドキャストに代わって、また別の形であれ“放送”が再開されることを待ちます。
 

下記のアドレスでも聞けます。

 投稿者:青木  投稿日:2017年 5月12日(金)06時37分22秒
返信・引用 編集済
  https://soundcloud.com/sputnik-jp

Юя Танакаさん、ありがとうございました。
 

Re: ちょっとしたお休みでありますように・・・

 投稿者:Юя Танака  投稿日:2017年 5月12日(金)06時12分5秒
返信・引用
  > No.8944[元記事へ]

蒲生昌明さんへのお返事です。

こちらから聴けると思います。

2017「お便りスパシーバ」5月11日(戦勝記念日)号
https://soundcloud.com/sputnik-jp/letters-11-05-2017

> 青木さんへのお返事です。
>
> > 「お便りスパシーバ」5月11日(戦勝記念日)号 を拝聴致しました。
> > 音声による放送は今回で終わるとのこと。
> >
> > アーラさんと日向寺さんがおっしゃったように、これが、ちょっとしたお休みであることを祈っております。
>
> えっ? 青木さん、放送をどうやって聴いているんですか? 「ラジオ・スプートニク」のサイトから「ポッドキャスト」の項目が消えているので、アクセスできません。soundcloudを立ちあげて“Search for artists,bands,tracks,podcasts”の項目に“radio sputnik”と入力しても無反応です。
 

Re: ちょっとしたお休みでありますように・・・

 投稿者:ミルク  投稿日:2017年 5月12日(金)05時27分25秒
返信・引用
  > No.8944[元記事へ]

蒲生昌明さん、青木さんへのお返事です。蒲生さん、私もお便りスパシーバ聞いていません。青木さんの文を読んで、心配しています。
ついこの前、日本語放送開始75周年で、表彰されたばかりなのに、びっくりです。
 

Re: ちょっとしたお休みでありますように・・・

 投稿者:蒲生昌明  投稿日:2017年 5月12日(金)05時12分57秒
返信・引用
  > No.8943[元記事へ]

青木さんへのお返事です。

> 「お便りスパシーバ」5月11日(戦勝記念日)号 を拝聴致しました。
> 音声による放送は今回で終わるとのこと。
>
> アーラさんと日向寺さんがおっしゃったように、これが、ちょっとしたお休みであることを祈っております。

えっ? 青木さん、放送をどうやって聴いているんですか? 「ラジオ・スプートニク」のサイトから「ポッドキャスト」の項目が消えているので、アクセスできません。soundcloudを立ちあげて“Search for artists,bands,tracks,podcasts”の項目に“radio sputnik”と入力しても無反応です。
 

ちょっとしたお休みでありますように・・・

 投稿者:青木  投稿日:2017年 5月11日(木)23時55分19秒
返信・引用
  「お便りスパシーバ」5月11日(戦勝記念日)号 を拝聴致しました。
音声による放送は今回で終わるとのこと。

アーラさんと日向寺さんがおっしゃったように、これが、ちょっとしたお休みであることを祈っております。
 

Re: 感謝あるのみ

 投稿者:イシ・ジュン  投稿日:2017年 5月 7日(日)14時57分57秒
返信・引用
  > No.8940[元記事へ]

 こんにちは。

 まず、ロシアでは、今日・7日は「ラジオの日」、
そして、明後日・9日は「戦勝記念日」ですね。

 そして、元記事によると、日本語放送開始75周年にあたり、
表彰を受けられたとのこと、おめでとうございます。

 さて、5月3日更新のお便りスパシーバで、
私が4月16日に、この場に投稿した、
記念番組の感想などを書いたものを紹介してくださり、ありがとうございました。
先ほど、確かに拝聴しました。

 やはり、ポッドキャストは、いつでも聴けるので便利です。
時折楽しませていただきます。

 

Re: 感謝あるのみ

 投稿者:青木  投稿日:2017年 5月 6日(土)21時13分36秒
返信・引用 編集済
  Y/Hyugajiさんへのお返事です。

> モスクワからの日本語音声放送開始75周年を迎え(4月14日)、国際情報通信社「ロシア・セヴォードニャ」指導部から表彰状を頂きました。私の右隣は、ダリヤ・グリバノフスカヤ日本課編集長、そしてアーラ・ソロヴィヨワさんです。


本当におめでとうございます!「写真のお三人」をはじめとして、スタッフの皆さまもどんなにお喜びかと想像しております。加えて、歴代スタッフの皆さまの75年に渡るバトンタッチがあればこその快挙ですよね。「おたよりスパシーバ」で紹介された、山之内重美さんの奮闘も感銘いたしました。

私は、リスナー歴13年のひよっこですが、その13年間にも、失礼ながら、何度「いよいよ、もうだめか?」と思ったことか!そのたびに、スタッフの皆さまの「知恵と不屈のご努力」で蘇りました。【ロシア・日本語放送】は、まさに『放送界の不死鳥』です。
 

感謝あるのみ

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 5月 6日(土)16時26分15秒
返信・引用
  皆様の御支援のおかげです! モスクワからの日本語音声放送開始75周年を迎え(4月14日)、国際情報通信社「ロシア・セヴォードニャ」指導部から表彰状を頂きました。私の右隣は、ダリヤ・グリバノフスカヤ日本課編集長、そしてアーラ・ソロヴィヨワさんです。 皆様に心から感謝します。この表彰状は、リスナーすべての皆様のものです。

日向寺康雄、アーラ・ソロヴィヨワ
 

ロシア語

 投稿者:蒲生昌明  投稿日:2017年 5月 6日(土)11時31分3秒
返信・引用
  唐澤さん、貴重なお写真をありがとうございました。米原万理さんにヴィクトル・キムさん。きっと当時はまだこのお二人が、著名なエッセイストになったり、あるいはモスクワ放送のベテラン翻訳者であったなど、知る由もなかったのですよね。

ところで、翻訳と言えば、NHKの各語学講座テキストですが、今まで月刊で刊行されていたテキストのうち、ロシア語だけがしばらく前から隔月刊になっていたところ、ついにこの春から半年に一度のペースになりました。なので、随分と分厚くなってしまいましたね。ロシア語学習者の減少に歯止めがかからないのでしょうか。まあ、一度購入すればそのまま半年使えるので便利だ、と言う解釈もできるのですが。
 

5月1日おめでとう!

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 5月 1日(月)23時40分20秒
返信・引用
  平和と労働と春の祝日、5月1日、おめでとうございます! 皆様が、明るく楽しく有意義に、ゴールデンウィークを過ごされますように!

少しお時間のある方は、モスクワ宛に、お便りメールをお願いします。短いもので結構です。近況や、番組、サイトの感想、御意見などなんでも結構です。
宛先は、yasuohyugaji@gmail.com です。
スプートニクのアドレスでは、確実に私のもとまで届きません。 現在、お便り受付の担当者がいないのです。
どうかよろしくお願いします。

日向寺
 

記録

 投稿者:ゴーヤ  投稿日:2017年 4月30日(日)13時28分12秒
返信・引用
  お答えします 2011年12月8日木曜日

A.お題
ウラル核施設キシュテムの悲劇
http://japanese.ruvr.ru/2011/12/13/62143105/
http://cdn.ruvr.ru/download/2011/12/14/1243756627/110630.mp3
https://soundcloud.com/sputnik-jp/pqhgvullvwhd

翻訳アナウンス:真野

再放送日時
2014年5月29日21時台
2014年6月1日21時台/22時台

補足
福島原発レベル7公表=11年4月12日
https://ja.wikipedia.org/wiki/ウラル核惨事
https://ru.wikipedia.org/wiki/Славский,_Ефим_Павлович
https://ja.wikipedia.org/wiki/オジョルスク
https://ru.wikipedia.org/wiki/Кыштым
一般財団法人高度情報科学技術研究機構
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-03-02-07


C.本文

0000
開始

0102
前置

0350
1957年の9月29日、ソ連中型機械製作省の大臣を務めていた Ефим Славский (エフィム・スラフスキー) の机の上には暗号を解かれた1本の電報が置かれていました。
中型機械製作省というのは開始されてから日の浅い原子力産業を扱う省のことで、カモフラージュのためこうした名称で呼ばれたものです。
電報の内容は次のようなものでした。

「本日16時25分、総合生産施設マヤークの地下にある核兵器用プルトニウム施設からの放射性固形廃棄物の保存庫で燃料爆発が起き、大気中に1000万から1500万キュリーの放射性物質が放出された。
爆発の結果、保存庫の1つから160トンの重さのセメント製のパネルが吹き飛んだ。
煙と塵が1キロメートルの高さまで柱状に舞い上がった。
建物、設備、機械、輸送機関の損壊が半径3キロメートルの範囲で出ている。
事故処理と施設の警備にはマヤークの職員以外にも国内用の軍部隊とソ連内務省の火災警備特別班の特別対策班が当たっている。」

事故の結果、施設の外に出た放射性物質については、かなり後になってから明らかにされたところによりますと、当時爆発のあった貯蔵庫には2000万キュリー分の放射性物質が保管されており、そのうち1800万キュリーが工場の敷地内に降り、後の200万キュリーが空気中に舞い上がり、南西の方向に吹いていた強風に運ばれていました。
放射性物質を含んだ雲は2万平方キロメートルの範囲を覆ったとされています。

0602
この電報が届けられた日、日曜の夜、スラフスキー大臣は直ちに共産党および政府の主導部に核施設で事故が発生した旨の報告を行い、その結果、事故の原因究明を極秘で行うという命令を受けました。
その解明結果は他の省庁の指導部にも内務省の大臣にさえ断じて知られてはならなかったのです。
当時アメリカとソ連の間の核開発競争はすでに運用の段階を迎えており、どんな情報でもそれが原子力産業と関連したものであれば、ましてはそれが核兵器の製造についてのものであれば7つの封印をして保存されるほどの機密とされていました。

0652
この超機密事故が将来どんな新たな悲劇な展開していくかについては研究者らが調査を行うことを執拗に求めていたにもかかわらず、当時のソ連の指導部は考えようともしませんでした。
クシュテインの事故と結果についての資料は超機密文書として30年もの間、封印されてきました。
そしてその封印が解かれたときには全世界はすでにチェルノブイリの事故に震撼していたのです。

0737
1940年代の終わり、南ウラルの北緯55度42分45秒、東経60度50分53秒の地点でソ連で初めての原子力産業施設が作られました。
それが化学コンビナートのマヤークです。
これはプルトニウムを製造するための生産施設でした。
ここでは産業用原子炉で得られた濃縮ウランからプルトニウムが分けられ、それを精製し、原子爆弾用の核物質が作られていました。
というのもソ連製の原子爆弾はアメリカのそれと同じくプルトニウムを使っていたからです。
マヤークのそばには原子力を専門とする研究者、エンジニアたちが暮らすチェリャービンスク40という小さな街が形成されていました。
この街は今や名前を変えてオジョルスクと呼ばれています。
この生産は秘密裏に行われており、危険を伴うものであったので、施設のわきには軍部隊と消防署が置かれていました。
残念なことに事故があったとき、兵士も消防士らも放射性物質から身を守るために必要な手段を持っていなかったどころか、着替えるための服も靴もない状態でした。

0908
さて爆発を起こした保存庫のある建物はセメントでできており、正方形で地面を掘った中に建てられていました。
そこに300立方メートルの容積を持つステンレス製の保存庫が12個あったのです。
保存庫のカベは流水で冷却される仕組みでした。
原子炉の作業や放射線化学物質、化学冶金生産については厳しい監視体制が敷かれていましたが、液化した放射線化学物質を保存する倉庫に関してはそこまでは注意が行き届いてはいなかったのです。
もちろん容器にはすべて監視測定機器が取り付けられてはいましたが、放射線化学生産の特性に配慮していなかったため、機械はすぐに腐食してしまい、使い物にならない状態になってしまっていました。

1010
ところがこれを修理しようにも保存庫のある場所の放射性汚染のレベルがあまりにも高いため、手が付けられない状態でした。
それと同時に放射性廃棄物が爆発を起こしうると考えてる人は本当に少なかったのです。
1976年、クシュテムの爆発事故の時のことが西側のプレスによって報道された時でさえ、イギリスの原子力開発プログラムを進めていたジョン・ヒル長官は公の場でこの爆発事故を取るに足りないものとして一笑に付し、記者団からのインタビューに答えて、核廃棄物が爆発を起こしえることはないと、これはあらゆる物理の法則に照らしてもあり得ないと答えたほどでした。

1106
ところがマヤーク生産施設の保存庫ナンバー14の容器は1957年に爆発を起こしたのです。
原因は冷却水の不足によって化学反応が活発な硝酸アセテートセシウムとプルトニウムがあまりにも高温となったためでした。
放射性物質を含んだ雲は強風にあおられ、まっしぐらに東に流され、非常に広範囲にわたって移動してしまい、結果的に27万人の市民の頭上を流れました。
暖かい日曜日で、その市民の大半が屋外にいて黄色のおかしな雲と異常な霧を目撃していました。
地方の新聞はすでに翌日、市民の不安をなだめに走り、これは非常に稀有な一種の自然現象だと報じていました。
それから1週間後、またある場所では2週間もたった時点でやっと放射性物質のばらまかれた中心に近い居住区の住民たちの避難が開始されたのです。

機密のこの施設を管理していた軍部隊の兵士たちは誰よりも幸運でした。
その日曜、当直を勤めていた将校は部隊の化学班の班長でした。
この将校は直ちに兵士たちを集め、兵舎に戻って爆発で壊れた窓をふさぐよう直ちに命令しています。
床には放射性物質の塵が巻き上がらないように水を撒かれました。
そしてその日の夕方、兵士たちは避難したのです。
その後のチェルノブイリの事故でもそうだったように事故の処理には消防士たちが当たりました。

1305
マヤークの爆発事故で放射能に汚染されたテリトリーは東ウラル放射能汚染地という名称で呼ばれるようになりました。
その範囲は縦におよそ300キロメートル、横に5キロから10キロメートルで放射能の汚染度は1平方キロメートルあたり100キュリーから2キュリーです。
1キュリーは37ギガベクレルにあたります。
1959年、ソ連政府は放射能の拡大を阻止するため、このテリトリーに衛生保護ゾーンを作り、特別態勢を敷くという決定を下しました。
23の居住区の住民には避難が命じられ、家畜も家も畑の収穫もすべて抹殺されました。
こうして人も建物もなくなった土地は長い間経済活動に用いられることを禁じられてきたのです。

1409
事故から11年経った1967年からこの土地には東ウラル国立自然保護区が出来ています。
ところがマヤークで働いていた学術職員たちは事故後半年が経過した時点で自然保護区のテリトリーの中に学術調査実験ステーションを作っていました。
それにこれにレニングラード放射線衛生学術調査研究所、医学アカデミー生物物理学研究所、南ウラル生物物理学研究所が加わっています。
ただし研究者たちは調査結果を公にする権利を持っていませんでした。
というのも研究者たちは皆、職業上の情報を公表しないという署名を行っていたからです。

1503
ゴルバチョフのペレストロイカとグラスノチの時代の1989年になってようやく Кышты?м (クシュティム) の爆発の原因と結果に関する機密資料がソ連最高会議の大会で全面的に公開され、その後国際原子力エネルギー機関のシンポジウムでも発表されました。
爆発事故の基礎報告を行ったのは化学コンビナートマヤークの専門家、研究者たちです。
彼らは何年にもわたって事故の結果が環境に及ぼす影響を観察し続けてきました。
確かに遅すぎたことではあったのですが、それでもチェルノブイリの事故の際は、その処理対策にその経験が生かされました。
マヤークの事故の処理にあたった消防隊員たちは、その後チェルノブイリの第4エネルギーブロックでも消火活動にあたっており、マヤークの悲しい経験はちゃんとその当時隠蔽されていなければチェルノブイリのみならず、たくさんの人命をも救うことができたのにと語っています。

1612
もう1つ30年もの間、1957年の放射性物質の事故が封印されたことによってひき起こされた最も恐ろしい結果は、これが超機密超極秘機密であったことが原因で、爆発事故の処理にあたった軍人や民間人たちが必要な手当てを受けることができなかったということでしょう。
なぜならば放射線による病にかかっていることを明かすことは、つまり被ばくの事実を明らすことになったからです。
これこそソ連共産党の指導部が隠し続けようとしていたことでした。

1656
こんにち Кышты?м (クシュティム) の爆発事故から得られた教訓は生かされております。
まず放射性核廃棄物ですが、今や特製の大きな保管容器に入れられ、コンクリートでしっかりと固められております。
化学コンビナートの建設当初、工場からの放射能に汚染された水や液体状の廃棄物が垂れ流されていた川や海の水はキレイに浄化されました。
汚染状態が回復された土地は次第にまた利用されるようになってきました。
東ウラルの自然保護区全体では放射能汚染状態と食料品の汚染度を調べるモニタリングが常に行われています。
ロシア国営原子力企業ロスアトムは2005年からマヤークの事故後の状況を管理する立場にあり、それによりますと以前は人の出入りを禁じられていた場所の8割が今日経済活動を行えうる土地へと回復しているそうです。
オジョルスクには世界最大の原子炉ルスランとリュドミラがありますが、そのオジョルスクの放射能レベルは現在のモスクワやチェリャービンスクよりも低く、毎時0.08マイクロシーベルトから0.1マイクロシーベルトを上回りません。
それにオジョルスクの平均寿命はロシア全土の平均寿命と変わりなく、男性は59歳、女性は69歳となっています。

1836
この Кышты?м (クシュティム) の爆発事故が教えてくれたもっとも大事な教訓とはコロジウム問題を話し合い、容易ではない問題の解決を図ろうとするとき、これを閉じられた指導部のデスクで行ってはならず、社会とともに解決を図ろうとするべきだということでしょう。
これがこんにちあるべきアプローチであり、過去の過ちを正すための新しい道なのだと思います。

1905
締め

2101

 

記録

 投稿者:ゴーヤ  投稿日:2017年 4月30日(日)13時22分32秒
返信・引用
  オンデマンド 2017年4月26日水曜日

テーマ:
ロシア市場は三菱自動車にとって戦略的に重要
https://soundcloud.com/sputnik-jp/mitsubishi
放送時間12分26秒

↓本文原稿
https://jp.sputniknews.com/opinion/201704213561463/

アンカー担当:中村

A.トーク
MMS Rusの現社長の中村直哉氏に対するインタビューが行われました。
インタビューではロシアの自動車市場における三菱自動車の展望として、
いずれロシアのマーケットは必ずリカバーして、再び大きな市場になると思っていること、
同社のSUVが非常にロシアのお客さんの好みにマッチしてること、
ロシアで一番人気がある三菱のモデルは、アウトランダーであること、
ロシアの場合は電動車に対する政府のサポートも電気をチャージするバッテリーチャージャーも非常に少ないことなどが言及されました。


-----

オンデマンド 2017年4月24日月曜日

テーマ:
「お便りスパシーバ」4月24日号
https://soundcloud.com/sputnik-jp/letters-24-04-17
放送時間48分28秒

担当:
日向寺・後閑

A.トーク
故・岡田嘉子氏に関する歴史が紹介されました。

 

ロシアパンにボルシチ味のカップ麺などなど

 投稿者:蒲生昌明  投稿日:2017年 4月29日(土)05時18分41秒
返信・引用
  > No.8933[元記事へ]

ヤマザキのロシアパンなら何度か買って食べたことがあります。ジャーニーさん仰る通り、砂糖とマーガリンだけでなぜロシアなのか、さっぱり意味不明なネーミング。まあ、これはこれでいいんですが、ライ麦でもないのにロシアパンを名乗るのは大胆不敵です。しばらく前に話題になった「ボルシチ味のカップ麺」と同じ。あれはあれでいいけど、「ボルシチ」じゃないですね。

でも、考えてみれば、どれも似たようなもの。カレーって言っても日本のカレーはインドのものとは別物ですが、これはこれでいいんです。きっとインド人が日本のカレーを食べたら、別の意味で「インド人もびっくり」(このフレーズを知っている世代は、もはや高齢化していますね)なんでしょう。寿司だって、海外に行けば「日本人もびっくり」するようなネタがありますからね。結局、お互いに「もどき」を作って食べて、その「もどき」がその国の食文化になるんでしょうか。
ついでに申すと、韓国で食べたキムチバーガー、おいしかったなあ。
 

ロシアパン、私も知らなかったです

 投稿者:ミルク  投稿日:2017年 4月29日(土)01時06分58秒
返信・引用
  > No.8933[元記事へ]

ジャーニーさんへのお返事です。
ロシアケーキなら知っていたけれど、パンは知りませんでした。
それよりジャーニーさん、お皿2枚もらったんですか?すごい、すご過ぎる。うちは二人家族なので、もう何年か前から、パン祭りも、ローソンのリラックマ製品も、すっかりあきらめています。
私は最近、じゃがいもをゆでてつぶして、塩とマーガリンをかけただけの、マッシュポテトをよく食べています。20年前のホームステイの時の食事が、毎日だいたいじゃがいもでした。だから20年前は、たいてい毎日お腹をすかせていました。しかし今は、それさへも懐かしい思い出です。
 

パン祭りとロシア

 投稿者:ジャーニー  投稿日:2017年 4月28日(金)23時53分48秒
返信・引用
   ロシア訪問中のアベちゃんを応援しよう!

 春のいろいろ。いきなり首脳会談とは全然関係ない話ですいません。今開催中の「ヤマザキ春のパン祭り」で自分お皿2枚もらいました。24点集めるとお皿が1枚もれなく頂けるというアレね。今日スーパーで見かけました。スプリッツ ロシアパン。そんな名前のパンがあったんだ、知らなかった。ヤマザキの商品です。ちなみにスプリッツ ロシアパンの点数は0.5点なのでお皿のためには48個買う必要があります。
 ロシアパンという名前の商品はけっこう前からあったようです(自分が知らなかっただけ)コッペパンみたいなパンの上にマーガリンと砂糖がまぶっているだけのシンプルな物ながら値段の割には大きなサイズで、1個あたり490キロカロリー。高カロリーなところがロシアなのか?砂糖とマーガリンだけでなぜロシアなのか?ロシアパンというネーミングがもはや意味不明です。

 ロシアパンを食べてロシアを応援しよう。

 

Re: モスクワ滞在&スプートニクのスタジオ訪問記④

 投稿者:唐澤  投稿日:2017年 4月28日(金)20時14分22秒
返信・引用
  > No.8928[元記事へ]

蒲生昌明さんへのお返事です。


> 4月7日に掲示板に載ってから3週間近くたって、今さらのように気が付いたのですが、唐澤さんがゴルビーさんにビールを注いでいる写真。もしかして、ライサ夫人のお隣りの女性は、通訳の米原万理さん?


皆さん、こんにちは

 日本語課の皆さん、露日首脳会談で御多忙の事と存じます。
お疲れ様です。次回のおたスパ、楽しみにしております。

蒲生さん、日向寺さん

先日、ここにアップしませんでした他の写真をアップします。
こちらが、日向寺さんがご紹介しておりましたキムさんです。

唐澤
 

ご連絡

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 4月28日(金)02時55分43秒
返信・引用
  皆さま

 安倍首相のモスクワ訪問に関連して、職場は特別報道体制に入っています。
 次回の「お便りスパシーバ」は、5月3日か4日に収録・サイトアップの予定です。
 勝手ながら、よろしくお願いいたします。

日向寺
 

Re: モスクワ滞在&スプートニクのスタジオ訪問記④

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 4月28日(金)02時53分4秒
返信・引用
  > No.8928[元記事へ]

蒲生昌明さんへのお返事です。

なおロシア側の通訳は、ヴィクトル・キムさん、1987年までモスクワ放送日本語課の主任翻訳員として働き、ご自分が翻訳した解説は、ラジオジャーナル「今日の話題」のなかで御自分で読まれていました。その後、上級通訳として活躍されました。 1991年のゴルバチョフ訪日でも、通訳されました。人柄も温厚で、自分に厳しく、モスクワに来る日本人のための通訳謝礼として、一日200ドル以上は、自分自身がダメになるからと言って決して受け取りませんでした。 私が生涯尊敬する方のお一人です。

日向寺
 

Re: モスクワ滞在&スプートニクのスタジオ訪問記④

 投稿者:唐澤  投稿日:2017年 4月27日(木)15時48分18秒
返信・引用
  > No.8928[元記事へ]

蒲生昌明さんへのお返事です
> >
>
> 4月7日に掲示板に載ってから3週間近くたって、今さらのように気が付いたのですが、唐澤さんがゴルビーさんにビールを注いでいる写真。もしかして、ライサ夫人のお隣りの女性は、通訳の米原万理さん?

蒲生さん、こんにちは

さすが蒲生さん、その通りです。
米原さんは、招待者の読売側の通訳として参加されていました。

唐澤
 

Re: モスクワ滞在&スプートニクのスタジオ訪問記④

 投稿者:蒲生昌明  投稿日:2017年 4月26日(水)21時02分26秒
返信・引用 編集済
  > No.8897[元記事へ]

唐澤さんへのお返事です。

> 写真
> ゴルバチョフ夫妻と私(左上・当時の私はまだ髪がありました)
> ゴルバチョフ氏と奥様のサイン「右上から、スパシーバ、ゴルバチョフ氏のサイン、日付と奥様のサイン、」
>

4月7日に掲示板に載ってから3週間近くたって、今さらのように気が付いたのですが、唐澤さんがゴルビーさんにビールを注いでいる写真。もしかして、ライサ夫人のお隣りの女性は、通訳の米原万理さん?
 

お知らせ

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 4月25日(火)01時09分43秒
返信・引用
  皆さま

 遅くなり申し訳ありません。「岡田嘉子生誕115周年」の特別番組ができました。よろしければ、お聞きください。もし、気に入っていただけましたら、ポッドキャストのページで「いいね」クリック(ハラショークリック)をしていただけるとありがたいです。

 テレシコワさんと岡田先生の写真は、ペーチカだけの独占限定公開です。

日向寺
 

雨だけど

 投稿者:ジャーニー  投稿日:2017年 4月22日(土)19時15分6秒
返信・引用
   「お便りスパシーバ」の配信がお預けになっているようで。その代わりというわけでもないんですが、自分からペーチカへ歌の贈り物。

 リュドミラ・センチナで「悪い天気は無い」を貼ります。よろしければ天使の歌声を是非聞いてみてください。ちなみに東京は今雨が降っています。

 https://www.youtube.com/watch?v=oXhsAzxSsQg




 

ロシアソビエト映画祭2017 in OSAKA開催

 投稿者:蒲生昌明  投稿日:2017年 4月22日(土)14時11分25秒
返信・引用 編集済
  ロシアソビエト映画祭2017in OSAKA 開催。5/27~6/30 シネ・ヌ―ヴォ(大阪市西区九条)。

けっこう面白い作品選定です。私は埼玉県人なので、とても大阪まで足を運ぶことができませんが、関西の方、いかがですか。この手の映画祭、東京では時々開催されますが、東京以外では珍しいので、いい機会だと思います。

http://www.cinenouveau.com/sakuhin/russia/russia.html

大阪って言えば、全然関係ない話になりますが、連休中にほんのちょっと大阪に途中立ち寄りします。その大阪駅地下街の一画に「ミンガス」と言う小さなカレー屋さんがあります。阪神電鉄改札の右側ですが、これが古い店で、私が西日本方面に初めて一人旅に出た高校時代(1972年夏休み)には既にこの店はありました。以降、45年もたつのに店構えも場所も味も変わらず、こんな店がずっと残っているのっていいな、と思います。今年で私はモスクワ放送を聴き始めてから45年、そしてミンガスに初めて入ったのも45年前。大阪駅をよく利用する方ならご存知のお店じゃないでしょうか。
 

お詫び

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 4月21日(金)03時11分5秒
返信・引用
  ペーチカ及びすべてのリスナーの皆さま

 「お便りスパシーバ」は、担当者(日向寺)の個人的事情により、来週月曜日にお届けする予定となりました。申し訳ありません。 皆様から頂いた、あるいはこちらに書き込まれた75周年を祝うメッセージ、21日が生誕115周年にあたっている岡田嘉子さんの「声」などをお届けするつもりです。 申し訳ありません。

日向寺
 

Re: 復活大祭おめでとうございます。

 投稿者:ミルク  投稿日:2017年 4月17日(月)20時32分38秒
返信・引用
  > No.8922[元記事へ]

Y/Hyugajiさんへのお返事です。日本でも少しずつ、復活祭のなになに、というものが売られています。ローソンではイースタードーナツ、私はこれは、甘過ぎて退場?しました。笑。
しかし、なにをしていいか、なにを食べていいかは、まだ浸透していないのか、私の好きな紙兎ロペというアニメでは「復活祭に北北西を向いて、だしまき卵を食べる」だの「このうずらの卵を、鬼に投げつける」なんて言っていておもしろかったです。
そのうち日本でも、色の付いた卵や、クリーチが売られるのでしょうか?それとも、ヨーロッパのなにかがもうあったのでしょうか?
 

復活大祭おめでとうございます。

 投稿者:Y/Hyugaji  投稿日:2017年 4月17日(月)00時32分15秒
返信・引用 編集済
  本日は、ロシアでは復活大祭です。

明るい春の訪れとともに、あらゆる善きもの、美しく清きものが、よみがえり、新たな命をはぐくみますように。

 ペーチカ会員の皆様、そして会員でなくても、モスクワからの音声放送を応援して下さっている皆さんの御健康とお幸せを、お祈りいたします。

日向寺
 

記録

 投稿者:ゴーヤ  投稿日:2017年 4月16日(日)22時31分29秒
返信・引用
  科学と技術 2011年4月11日月曜日

担当:
山上・後閑

オープニングテーマソング:
Новая Коллекция - Романтический экспресс [1988]
http://www.dadudamusic.com/j2/index.php?option=com_content&view=article&id=3&Itemid=5
4番目

参考:
Игорь Кезля 公式サイト
http://www.dadudamusic.com/j2/index.php

Новая коллекция (группа) 解説
https://ru.wikipedia.org/wiki/Новая_коллекция_(группа)


A.お題

1.Поехали! ロシアナの体験レポート9回目(星の街」へ)
https://soundcloud.com/sputnik-jp/2011412a
26分10秒

山上・後閑の両アナがモスクワの星の街の内部を取材しました。
取材では施設の一部を見学したほか、オレグ・コトフ飛行士へのインタビューがなされました。


B.選曲

1曲目
Юлия Началова и Родион Газманов - Мечта
ユーリア・ナチャーロヴァとロディオン・ガズマノフ - 夢


情報元:
http://9005.teacup.com/matsu01/bbs/7901


-----

臨時企画 2009年1月7日水曜日

テーマ:
マローズじいさんってだれ?
https://soundcloud.com/sputnik-jp/newyear
36分50秒

担当:
真野・菅・後閑・山上・日向寺

A.トーク
マローズじいさんに関する内容が言及されました。


情報元:
https://web.archive.org/web/20100309000011/http://www.geocities.jp/pechika041029/tokuban2009

-----

臨時企画 2008年12月30日火曜日

テーマ:
ロシアの国民的映画『運命の皮肉』
https://soundcloud.com/sputnik-jp/film-ryazanov
36分29秒

担当:
日向寺・山上・真野・菅・いちのへ・後閑

A.トーク
映画のあらすじなどの内容が言及されました


情報元:
https://web.archive.org/web/20100309000011/http://www.geocities.jp/pechika041029/tokuban2009
 

記録

 投稿者:ゴーヤ  投稿日:2017年 4月16日(日)22時07分35秒
返信・引用
  臨時企画 2014年1月5日日曜日

テーマ:
新春日曜ロードショー(オーストラフ=島)
https://soundcloud.com/sputnik-jp/lungin-film

担当:
安本・真野

A.トーク
あらすじの紹介がなされました。


-----

臨時企画 2011年1月3日月曜日

テーマ:
ソ連・ロシア映画特集番組
Фильм Служебный роман (オフィスラブ)
http://tfilm.tv/1314-sluzhebnyj-roman.html
https://soundcloud.com/sputnik-jp/ryazanov

担当:山上・真野

A.トーク
この映画のあらすじの紹介と感想が放送されました。


B.選曲

1曲目
Алиса Фрейндлих - Моей душе покоя нет
アリーサ・フレインドリフ - わたしの心に平穏はない

2曲目
Андрей Мягков - Облетают Последние Маки
アンドレイ・ミャフコフ- 最後のケシの花びらが散りゆく

3曲目
Алиса Фрейндлих - У Природы Нет Плохой Погоды
アリーサ・フレインドリフ - 自然に悪い天気はない


再放送日時
2014年7月16日21時台/22時台
2014年7月28日22時台


-----

臨時企画 2009年1月4日日曜日

テーマ:
インタビュー番組「ロシアナの部屋」(いちのへアナ)
ゲスト:宇宙飛行士 野口聡一さん
https://soundcloud.com/sputnik-jp/noguchisoichi
37分08秒

担当:
いちのへ

A.トーク
今年ロシアの宇宙船ソユーズで宇宙へ向かう野口さんに、モスクワ郊外“星の街”での訓練の様子やおオススメの宇宙食、宇宙人はいるのか・・・などなど、いちのへアナがたっぷりとお話を伺います

B.選曲

1曲目(野口氏のリクエスト)
Алла Пугачёва - Миллион Алых Роз
アーラ・プガチョヴァ - 百万本のバラ
https://www.youtube.com/watch?v=ieqlySC2M-Y




情報元:
https://web.archive.org/web/20100309000011/http://www.geocities.jp/pechika041029/tokuban2009

 

記録

 投稿者:ゴーヤ  投稿日:2017年 4月16日(日)21時52分56秒
返信・引用 編集済
  ヤングウエーブ 2015年4月23日木曜日

A.お題

1.外国人のためのロシア語教育 - モスクワ国立大学付属ロシア語文科大学
http://jp.sputniknews.com/culture/20150424/236554.html
https://soundcloud.com/sputnik-jp/linguistics
編集改造10分06秒

2.モスクワでオープンが予定されている詩人のための劇場
http://jp.sputniknews.com/culture/20150424/236434.html

3.ミス・ロシアの優勝者は知性も兼ね備えている
http://jp.sputniknews.com/culture/20150424/236629.html

-----

ヤングウエーブ 2015年3月19日木曜日

A.お題

1.ロシアの忍者教室創立25周年
http://jp.sputniknews.com/russia/20150331/126095.html
https://soundcloud.com/sputnik-jp/ninja
編集改造13分45秒

2.音楽のページ(春の歌特集)



B.選曲

1曲目
Андрей Ковалев - Весенняя песня
アンドレイ・コヴァレフ - 春の歌

公式サイト
http://www.andreykovalev.ru

2曲目
Город 312 - Весна
ゴーラット312 - 春
https://www.youtube.com/watch?v=3pZizVGyj1U

3曲目
(Детская студия) Родники - Солнышко-Зернышко
ロドニキ(児童合唱団) - 太陽のように輝く金色の種

-----

MMMモスクワミュージックマガジン 2012年1月16日月曜日

http://japanese.ruvr.ru/2012/01/16/63956148/
音声ファイル欠落
https://soundcloud.com/sputnik-jp/skriabin
編集改造28分44秒

A.トーク
作曲家スクリャービン生誕140周年②と称して、彼の作品の紹介の他、
直系の子孫であるスクリャービン基金のA.スクリャービン総裁へのインタビューなどがなされました。


B.選曲

1曲目
Александр Скрябин - 2 Dances Op.73-1
アレクサンドル・スクリャービン - ダンス作品73 1番

2曲目
Александр Скрябин - Симфония №1, Op. 26 ≪6.Andante≫
アレクサンドル・スクリャービン - 交響曲第1番 ホ長調 作品26 フィナーレ

3曲目
Александр Скрябин - 2 поэмы, op.69
アレクサンドル・スクリャービン - 詩曲作品69 2番

4曲目
Александр Скрябин - Прометей (поэма огня) op.60
アレクサンドル・スクリャービン - 管弦楽「プロメテウス」


参考:
http://ja.wikipedia.org/wiki/スクリャービンの楽曲一覧

 

日本語放送開始75周年記念番組の感想など

 投稿者:イシ・ジュン  投稿日:2017年 4月16日(日)13時58分51秒
返信・引用
   お久しぶりです!青森のイシ・ジュンです。

 こちらへは、2年ぶりくらいの投稿になるかと思います。

 私が海外ラジオ放送に興味を持つきっかけとなったモスクワ放送が、
日本語放送を開始してから75周年、
おめでとうございます。

 これを記念した、約1時間の番組を、興味深く拝聴しました。

 「祖国の歌」、懐かしかったです!
広い国土をうまく利用し、日本語、中国語他、
多くの言語で短波・中波放送を大規模に行なっていた、
今考えてもおもしろかった時代を思い出しました。

 1982年の4月に放送された、40周年記念番組も、
当時の、西野アナウンサーらしい演出が強く印象に残っていることもあり、
よかったです。

 また、今年の10月で、それが行なわれてから60年になる、
人工衛星打ち上げを伝えた臨時ニュースの録音も流れましたが、
自分の中では、ソ連を象徴する事物の一つだと思っている、
「スプートニク」という名称で引き継がれているだけに、なにか、
特別なものを感じました。

 ところで、この場では、とくに話題にならなかったみたいですが、
昨年8月末の台風10号では、沿海州地区にも、
連邦レベルの非常事態が宣言されたほど甚大な被害を及ぼし、
5900kHzなどでの、ヴラディヴォストークからの国内向け短波放送を、
緊急措置として3週間に限り復活させていました。
また、シベリアのヤクーツクからは、地元向け番組を、
昨年5月以降、7345kHzなどで、こちらは定期的に短波放送を再開しています!
そんな現状も踏まえ、スプートニクとして、
2014年3月末まで行なわれていたような
短波・中波放送が行なわれるものと期待していましたが、
少なくとも日本語課については、音声放送も含めて、
インターネット配信に、完全に専念する方針となったということでしょうか?

 ここ3ヶ月以内に、SoundCloud経由の配信が停止されたことがあったようですが、
今回の記念特番など、興味を持った番組を、今後も時折楽しみたいと思います。

http://blog.goo.ne.jp/ijbl_3

 

お便りスパシーバをスパシーバ

 投稿者:ミルク  投稿日:2017年 4月16日(日)12時28分23秒
返信・引用
  4月14日号のおたスパを、夕べ聞きました。75年間はもちろん、ここ5年だけでも、いろんな変遷があったんですね。そして私の記憶では、その前にも、日本語課廃止の話があったと思います。私もエアメールで「やめないで」と、手紙を送ったと思います。
私の中でも、いろんな変遷?がありました。20年前には、エアメール用の薄ーい便せんで、郵便でお便りしていました。やがてローマ字でのみ、メールが送れるようになり、その後、日本語でメールできるようになりました。
そうそう、ロシア語の元クラスメートに「ロシアの放送へはどうやって連絡してる?」ときかれ、e-メールだよと答えたら、一言「のめしこき!」と言われ、すごく腹が立ちました。彼は私が全盲であることも、だれかの手を借りなければポストにいけないことも、知っているんです。それでよく「のめしこき(新潟弁でなまけもののこと)なんて言えたなと思います。
最後に、松本たつやさんでなくて、たくやさんです。私が聞き違ったのかもしれませんが、訂正してみます。
 

レンタル掲示板
/74