teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


第29回交流会

 投稿者:少女の干物  投稿日:2016年10月 3日(月)08時49分47秒
  10月1日(土)、千里山コミュニティセンター・多目的ホールで開催の交流会に参加してきました。私も「とも」のメンバーですから参加という表現はおかしいのですが、お客様気分がどっぷり!です。
プログラムは例年通りですが、一つ一つの所用時間は短縮されて、ゆったりと流れておりました。
今年感じたのは「みんな歳をとった」こと。
白髪は言うに及ばず、歯、耳、腰、足など、ご高齢になられたことをひしひしと感じました。読み手も聞き手もです。
その一方で、人生の輝きの中にいる人たちも。
音訳グループ「とも」は一人ひとりを大切に小回りの利く活動を目指してきましたが、求めるもの・期待するものが大きく違うことがうかがえ、多様なニーズに応える難しさを感じました。
交流会の運営も然りです。
たっぷりと時間はあったはずなのに、思うようにはお喋り出来ないものですね~。幸せな時間は足早に過ぎてしまいました。
ご参会の皆さま、ありがとうございました。
楽しい時間を作ってくださった「とも」の皆さま、ありがとうございました。
 
 

交流会の思い出

 投稿者:少女の干物  投稿日:2016年 9月27日(火)05時06分9秒
  コスモスさん、どんぶらこっこさん、お久しぶりです。
HPが移転することになって、新しいアドレスをご連絡したら、早速の書き込みをありがとうございます。
リニューアルとか、復活とか言われてもね~、引っ越しただけなんですけど‥‥(苦笑)。
情報が昔のままで更新されていませんので、代表さんに手直しをお願いしております。

ま、されはさておき、交流会が近づいてきました。
今年のゲストはオサケーニョスと聞いて、懐かしく思いましたよ。フォルクローレの軽やかなメロディが脳裏によみがえってきました。確か、高槻のバンドでしたよね。
「とも」の交流会に来ていただいたのは、もう15年も前になるでしょうか。男性3人で演奏してくださって、その中のお一人は視覚障がいの方でした。グループ名は大阪の人ということと、リーダーが、お酒が大好きということで、スペイン語風に名付けたとかおっしゃっていました。
今はメンバーも増えて、女性も加わって、華麗なる(?)変身を遂げている?
「とも」の交流会の意味合いはどんぶらこっこさんのおっしゃる通りですけど、だんだんと足の遠のく少女の干物は思い出の中を彷徨っております。
 

リニューアルおめでとうございます

 投稿者:どんぶらこっこ  投稿日:2016年 9月26日(月)21時27分20秒
  コスモス様、お知らせありがとうございます。
久しぶりに拝見させていただきました。ともさんの交流会、利用者さんと直にふれあうとってもすてきな取り組みだと思います。

これからも、ますますのご発展を!

時代はデジタルにどんどん変わっていきますが、あたたかい人のつながりを大事にしているともさんの活動がますます貴重なものになっていると思います。
 

復活、ありがとうございます

 投稿者:コスモス  投稿日:2016年 9月25日(日)09時52分14秒
  1年半ぶりの復活、ありがとうございます。
「少女の干物」さまに、管理を全部お任せしたまま続いていた「音訳グループ『とも』」のホームページ。このHPを見て入会してくださったメンバーが、今、大活躍中です。
また、「メッセージ」に紹介されているポスターをデザインして下さった片岡朋子さん、ポスター完成までに何度も指導して下さったラコルタの春貴さん、ほんとうにありがとうざいました。こうして、できるだけ多くの方に見ていただけるのは、ほんとうにうれしいです。
新しいHPになって、たくさんの方からのメッセージが掲載されることを期待しています。
「とも」の交流会は一週間後。どうか、雨が降りませんように、せめて、台風がきませんように。いらしてくださる皆さんがご無事にお帰りくださいますようにと、毎日祈っています。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:少女の干物  投稿日:2015年 1月 1日(木)05時52分6秒
  みなさま あけましてめでとうございます。
すっかりご無沙汰で、掲示板を開けてみれば1年ぶり!という状態。
新年からしっかり管理しようと心を改めたことでした。
よろしくお願い申し上げます。
さて、暁闇に雪が舞ったようで、家の屋根や車の上にはうっすらと積もっています。路面は濡れていますので、そう酷くはならないでしょうが寒い年明けです。2日にかけてが荒れるのでしょうか?
「羊はかわいい、やさしい」と思われているようですが、ほんとにそうか?と思ったり。「羊のドリー」みたくはなりたくない、私はオリジナルに拘ろうと思ったり。干支に因んでいろいろ考えている元日です。
まずは掲示板再開、の言葉でした。  
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:少女の干物  投稿日:2014年 1月 2日(木)08時09分39秒
  みなさま あけましておめでとうございます。
つつがなく新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
すっかりご無沙汰なので、何をどうご挨拶してよいのやら困ってしまいます(苦笑)。
昨年は、
積極的平和主義政権のやりたい放題に考え込んだり、案じたりの思いが降り積もりました。
今年こそは命の喜びが感じられる明るい一年であってほしいものです。
私の年末は心配事の連続でしたし、その多くは年を越して持越し状態ですから、今年の運気は期待していませんでした。
でもね、うれしいことにおみくじは大吉でしたよ。
「行雲流水」漂う雲、流れる水のごとく、悠々と自然に任せておれば、自ずから運が開ける、というものです。ただし、周囲への感謝を怠らねば、ということばも添えてありました。
今年は正念場と思っていましたから、元気をもらってがんばろうと意欲がわいてきました。
みんなにとって、良い年となりますように!
そして、新しいステージへの扉を開く音訳グループ「とも」に幸いあれ。
 

木犀香る

 投稿者:少女の干物  投稿日:2013年10月 9日(水)10時47分9秒
編集済
  第26回交流会に行ってきました。
今年は結成30周年記念ということもあって、例年以上に晴れやかな気分で皆さまをお迎えしました。なつかしい逢瀬、終日バタバタと過ごすことになりましたが、目の端にみなさまのお姿をとらえることができ、嬉しい一日を過ごさせていただいたことでした。

「30年の振り返り」をさせていただきましたが、与えられた時間は20分、時間を気にするあまり大事なことを3つも4つも言い忘れてしまいました。音訳グループ「とも」のメンバーにはいつか、ちゃんとした話をしておきたい気もします。
でも、皆さまの温かいお気持ちに支えられて、幸せな「とも」を実感した一日でもありました。
充実した記念誌もできていて、交流会の余韻に浸りながら何回も読み返しています。
今回のメインディッシュはこれでしたね。ここにも幸せな「とも」があります。

私的にはいろいろ失敗もあり、不本意なのですが、Fさんが一言「来年もあるから」(苦笑)

裏庭の金木犀が良い香りを放っています。
さあ、第4幕の幕開けです。新しいステージは新しい力で雄々しく、しなやかに飛翔してください。
今、応援団の気分です。
 

30周年

 投稿者:少女の干物  投稿日:2013年 9月25日(水)03時32分22秒
編集済
  9月22日は音訳グループ「とも」の誕生日です。
1983年4月から始まった大阪YWCAの第1期音訳講座が終了し、その受講生有志によって『音訳グループ「とも」』が結成されました。
以来、視力障がい者一人ひとりのニーズに応じた小回りのきく活動を目指して、録音図書製作や対面朗読をおこなっています。

9月22日の夜は美しい居待月でしたね。
私は賀茂輝という酒蔵で行われたチャリティ・コンサート会場にいました。
戸を開け放って庭にテーブルと椅子を配し、涼やかな会場でした。
楽しい演奏に、秋の虫のすだく声が重なります。夫は生ビールを片手に演奏に聞き入っていました。
「今日は9月22日、30年だなあ」と感慨深く思っていたら、月が昇ってきました。
19日の十五夜から数えて、十六夜、立待月、居待月、 23日は臥待月(寝待月)。うまい表現だなあと感心します。
しみじみとした喜びに浸りました。

30周年の記念事業を「とも」のみんなが進めています。
30年前を知っている数少ない一人として、10月5日の交流会に出席します。
 

並木宗輔

 投稿者:少女の干物  投稿日:2013年 6月30日(日)01時10分52秒
  三原市芸術文化センターポポロで文楽公演「仮名手本忠臣蔵」5段目、6段目を観ました。
紹介では、仮名手本忠臣蔵が三原ゆかりの浄瑠璃作家並木宗輔の作であることからの記念公演とのことだった。
えっ、竹田出雲ではないの? 教科書ではそう習った記憶がある。
研究者によると、大阪竹本座で人形浄瑠璃として初演されたのが寛延元年(1748)8月、二代目竹田出雲・三好松浴・並木千柳(後に宗輔)による合作だったそうです。座付作者の合作で、立作者は竹田出雲だが、並木は本作の前にもとになる作品3本(忠臣金短冊、尊氏将軍二代鑑、狭夜衣鴛鴦剣翅)を書いており、実質的立作者は並木だとする説です。
並木宗輔は文楽の三大名作といわれる「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」の合作者でもあります。あらためて「すごい!」と思いました。

「山崎街道出会いの段」から「早野勘平腹切りの段」まで、大阪文楽劇場で観たと同じでありながら、視点を変えると味わいが深くなります。
公演後は人形がロビーでお見送りしてくれる、地方公演も良いものですね。
 

ひろしま菓子博2013

 投稿者:少女の干物  投稿日:2013年 5月 8日(水)03時46分34秒
編集済
  友人の誰もが「行ったよ。疲れた‥」というから、娘からもらっていたチケットを使って「菓子博」へ行ってきた。連日、長蛇の列で「90分待った」「120分待った」と聞いていたのに、連休明けの平日は待ち時間も少なく心置きなく楽しめた。
先ずシンボルゾーンで工芸菓子を見学。
全国の菓匠が競っているが、季節柄「藤」「牡丹」が多く食傷気味。砂糖の粘土細工もここまで来るとアートの世界なので、展示のアイデアにおいて京都組が一歩リードかな? 四条通のウインドーの中の花鳥風月に見入った若い日を思い出す。
全国お菓子めぐり館はお菓子よりも壁のポスター展示が面白かった。夫はもっぱらこちらに興味津々。
バザールで私のお目当ては山形の「ゆべし」と竹田の「荒城の月」。
展示はあったが、残念ながら販売はなかった。イベントなので日持ちのするもの、比較的安価なものが取り揃えられた関係かもしれない。たくさん買い込む人と見学だけの人、どちらもわかる。
「世界にとどけ! 笑顔をむすぶ お菓子のちから」 まだの方は残る平日が狙い目、どうぞ。
 

大阪、朗読会

 投稿者:少女の干物  投稿日:2013年 3月20日(水)05時29分28秒
  16日に大阪のライトハウスで「RP文芸館」という朗読会があり、藤沢周平の「梅薫る」を読んできました。
前日の15日は小阪の司馬遼太郎記念館、玉造の「風まかせ」、大阪城公園の梅見、と久しぶりの街歩きを楽しんでの大阪暮らしでした。
大阪城の梅は盛りを過ぎているものが多くありましたが、風向きの所為でしょうか、北口を出るとき強く香ってきました。その馥郁とした香をいっぱいに記憶にとどめて「梅薫る」を読んだことでした。
最近、自分の読みがやわらかくなったように思います。田舎暮らしの大らかさが少しは影響してるのかな。みなさんの感想はどうだったかわかりませんが、‥‥。
 

うれしいニュース、2つ。

 投稿者:少女の干物  投稿日:2013年 3月 1日(金)08時19分47秒
  今朝の新聞で2つの嬉しいことを見つけた。
一つは2010年の厚労省調査「都道府県の平均寿命」です。
長野が男女ともに日本一といわれる。
詳細に見てみると、最下位でも女性85.34歳、男性77.28歳で、すばらしい長寿国である。
因みに広島県は女性6位86.94歳、男性12位79.91歳、すばらしいじゃないですか。

もう一つは「ips医療 実用へ第一歩」。
高橋政代先生が京都大にいらっしゃる頃から、網膜色素変性賞の患者さんたちは、その研究に注目してきました。今回、高橋先生(理化学研究所)が、ips細胞を使う初の臨床研究を国に申請されました。待ちに待ったことです。
今回は加齢黄斑変性に対する治療ですが、成功すれば、いずれ網膜色素変性症にも影響を与えるはず‥‥。
春から縁起がいいや~、とうれしい朝です。
 

ラジオ深夜便

 投稿者:少女の干物  投稿日:2013年 2月 1日(金)09時11分53秒
  今朝のラジオ深夜便午前4時台 「明日へのことば」で、久しぶりに戸井美智子さんの元気な声を聞きました。
お話は「盲導犬と歩んだ50年」というタイトルで、ヘレン・ケラーとの出会い、アメリカ留学中の出来事、そこでであった盲導犬、etc
戸井さんは今も英語翻訳ボランティアをしていらっしゃいますが、ご高齢の視覚障害の方です。
少女の干物は「私と盲導犬」というエッセー集を60分テープに録音させていただいたことがあります。だから、お話の内容は知っているつもりでしたが、ご本人の口から語られる言葉は素敵でした。お人柄がにじみ出るんですね。
 

おめでとうございます。

 投稿者:少女の干物  投稿日:2013年 1月 1日(火)10時15分53秒
  みなさま、明けましておめでとうございます。
除夜の鐘を聞きながら近くの八幡様にお参りしてきました。冷気の漂う中にも静謐で凛とした清々しい年明けを感じました。
今朝の我が家はうっすらと粉雪をまぶしたような明け方でした。
今は陽光がさしてきて、「今年は何かよいことがありそうな‥‥」気もしてくる嬉しいお元日を過ごしています。
昨年の閉塞感を思うと、今年は少しずつ開けていくような気もします。
新しい年が、平和で明るい一年でありますように。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
とはいえ、「一年の計は元旦にあり」、一日一日を大切にと思いこんな画像を引っ張ってきました。
 

寒波襲来

 投稿者:少女の干物  投稿日:2012年12月 6日(木)10時40分4秒
  今年一番の寒さだとか、我が家も初雪です。
まだタイヤを履き替えてないのでスタッドレスに換えてもらおうと思います。小止みになったら、出かけましょうか。
数日前の新聞で「出ない杭は腐る」という見出しを見つけました。
若い記者仲間で「出る杭は打たれる」という話題で盛り上がっていたら、五木寛之さんが「君たちね、出ない杭は腐るよ」と云われたのだそうです。確かに、確かに!
私は出る杭になりたいほうです、少しくらい尖がっている方が意見は通りやすいと思っているから。
でもね~、出過ぎると杭はこけるのよ。
最近は水の中で眠っていたい、と思うときもある?
 

緊急速報 エリアメールが届かない‥‥

 投稿者:少女の干物  投稿日:2012年11月18日(日)11時01分52秒
  11月15日(木)正午過ぎ、東広島市において、「緊急速報メール」訓練が 実施されました。
災害時の避難情報などをメール配信することを想定して、基地局エリアを対象に試験的に送信訓練したものです。
事前の広報では①事前登録不要・通信料無料で、携帯電話各社の対応機種に強制的にメール送信するもので、マナーモードであっても強制的に専用着信音が鳴動します。試験中、授業中など、鳴ってはいけない場合は、あらかじめ電源を切っておいてください。②東広島市内にある対応する携帯電話が対象となるため、旅行中など、偶然通りかかった方も受信し、隣接する地域でも受信することがあります。とありました。
15日の昼過ぎ、夫の携帯電話にメールの着信がありました。緊急速報メールです。

? 私の電話は作動しない‥‥。なぜ?
そういえば、迷惑メールが多いので「パソコンからのメールをカット」している。その所為かと思い設定を解除しました。
が、どうも安心できない。ショップに行って尋ねると、あっさりと「エリアメールは機種によります」という返答でした。
私の日常には何の不便もないので「使えるから、まだいい」と買い換えないでいましたが、私の使用機種は十分に古いのでありました。これでは緊急時に役に立たない?
私までがロートルに思えた瞬間でありました。
 

立冬

 投稿者:少女の干物  投稿日:2012年11月 8日(木)16時59分33秒
編集済
  昨日は立冬でしたね。
昨日は強風で、今朝は冷え込んで3~4℃の寒さ、律儀に暦通りです。ま、気温は平年並みですから、それは仕方ないとしても、イチジクがいっぺんに冬枯れてしまいました。
葉はしおれてビワビワと縮んでいます。まだたくさん残っている実は赤黒く痛んでいます。年寄りたちが「霜が降りたらダメよ」といっていた通りでした。
寒さに弱いとはいえ、一度冷えたら後戻りしない、もう復活できないのでした。冬の到来とあきらめた朝でした。

目を山の端に転じれば、ポツポツと色づき始めています。銀杏は一晩で黄色く染まりました。ニシキギは朱色の実と真っ赤の葉が美しい‥‥。アメリカ楓、唐楓、あちこちに美しい並木道が出現しています。散歩が嬉しい季節です。
 

健康福祉まつり

 投稿者:少女の干物  投稿日:2012年11月 5日(月)06時33分54秒
編集済
  3日(土)、4日(日)と東広島健康福祉まつりでしたので、声の本棚「つぼみ」の一員として参加してきました。アクアパーク(東広島運動公園)という体育館やサブアリーナ、各種球技場を併設した広い会場がありまして、そこで毎年、生涯学習フェスティバル(文化・学習活動の発表会)と同時開催されているものです。
少女の干物としては6年ぶりの音訳体験ブースの担当、同じにおいを懐かしく楽しみました。でもテカとしての二日間は疲れるね~。
「あちらでも、こんな行事があったのですか」という質問に答えながら、吹田の行事をふり返っていました。
5月に市役所前駐車場で「すいた市民ボランティアフェスティバル」、9月にメイシアターで「みんなの健康展」、11月に総合福祉会館前で「市民バザー」、千里中央での「福祉の日」etc
吹田での各会場の笑顔がフラッシュのように浮かんできて感慨深いものがあります。
大阪、広島、どの会場にも担当者のこだわりや工夫があり、感心することです。
日本中のあちこちで頑張っているんだな~と心に刻んだことでした。
 

第25回交流会

 投稿者:少女の干物  投稿日:2012年10月17日(水)06時03分27秒
編集済
  「とも」の交流会で、久しぶりに大阪の風に当たってきました。
年1回の交流会は今年で25回目になります。
節目の回に当たっていろいろ思うことです。
利用者90名余のうち、参加してくださるのは毎回30人余、三分の一強かな?
会場は利用者、ガイドヘルパー、「とも」メンバー、盲導犬でいっぱいになります。
読み手と聞き手の交歓、聞き手同士の交流等々、参加者のお話を聞くたび「命の輝き」を見る思いで、明日への元気をいただく交流会です。それは参加した人みんなの思いです。
今年の交流会の特徴は初参加の利用者が多かったこと、でも物怖じせず生き生きとよく発言してくださいました。本音の情報交換ができて、よかった。
「とも」のメンバーも群読をしましたけど、どうだったかしら?

直前に山中伸弥教授のノーベル賞受賞のニュースが流れたので研究への期待が高まっていました。
網膜色素変性症、ベーチェット病 etc 参加者の中には難病で苦しんでいる人が多いのです。研究から実用化、応用への道が早く開かれることを祈ります。
国際医学界における森口さんの騒動、ほんとうに腹立たしい‥‥。
 

管理人失格?

 投稿者:少女の干物  投稿日:2012年10月17日(水)05時43分38秒
  すっかりご無沙汰してしまいました。
いろいろ有ったこの50日あまり、掲示板が気になりながらも書き込みができませんでした。管理人失格ですね。

パラリンピックでの和田伸也君の活躍、やっぱりタイムリーに書きたかったのに残念。
彼、5000メートル(T11)で銅メダル、マラソン(T12)で5位入賞。
おめでとう!
完全燃焼(彼の言葉)、すばらしいパフォーマンスを見せて最良の日々でした。
マラソンは障害区別が弱視しかなく、全盲の彼には不利でした。その中での頑張り、素敵です。
今も取材があったり本が出たりで高揚は続いているみたいです。
まだ34歳だから、次も頑張ってほしい‥‥。

福岡のゴールボールの女性達、車椅子の伊藤選手などなど、たくさん感動をもらって心湧きあがるウィークでしたね。
東広島でも車椅子バスケットの体験試合が開催され、障害者スポーツへの関心や理解、少しずつ裾野が広がっていく感じです。
 

レンタル掲示板
/18