teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 飲み込み

 投稿者:ライカー  投稿日:2018年 6月 5日(火)22時10分59秒
返信・引用 編集済
  ご回答ありがとうございます、焦らずリハビリしていきます。

 
 

飲み込み

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月28日(月)18時24分1秒
返信・引用
  こんにちは、ライカーさん。

掲示板に来ていただき、有難うございます。
返信が遅れ、すみません。

飲み込みについてですが、
私の場合は、ほぼ舌を全摘しております。
ですので、口の中に液体を入れると、口腔内(口の中)で液体を溜めておく事ができない状態です。
口の中に液体を入れると、喉の奥に入るか、口から垂れるか、どちらかになります。
喉の奥い入った物は、完全に飲み込まないと気管から肺に入りむせてしまいますので、
仕方なしに全て飲み込むという方になります。
舌がある程度残っていたり、喉の奥の方の筋肉が正常であれば、少し口の中に貯めてタイミングを見はからって
一口づず飲み込む(嚥下する)事が可能な事かと思いますが、
私の場合は、一口づつができない状態です。
ですので、口の中に入ってきた物は、そのまま喉に流し込むような感じで飲んでおります。
あまり大量の液体が口の中に入ると、当然すべてを一気には飲み込めませんので、
コップの傾きで液体が口の中に入る量とスピードを調整しております。
自分の喉の力で飲み込むというよりは、重力の力で流し込むようなイメージです。
喉の気道と食道の分かれ目付近に少しの空間があり、どうしても最後の数十cc程度の液体が、
喉の奥に溜まり残ってしまいます。
私の場合は、残った液体が誤嚥する可能性がありますので、可能な範囲で口から吐き出します。
空間からあふれた液体が、食道に入り液体を飲み込めている状況です。
ですので少量の液体を入れると、喉奥の空間に液体が溜まるだけで飲み込めないようです。

飲み方は、コップから直接です。喉奥に液体が流れるよう、少し大きめにコップを傾けています。
舌接触補助床は、装着して飲んでいます。
私の場合は、装着する事により口腔内の物理的な空間が狭くなるので、
飲み込む時の圧力が増すため装着して飲んでおります。
また、口の手前付近に残った液体を喉奥に押し込む効果もあります。

飲み込む量の200ccは、1回の息継ぎで飲める量という事になります。
飲み終わった後は、先ほど書かせていただいたように、喉奥に液体が溜まるため、
それを口から出す必要があります。
よって、なるべく飲む回数(動作)を少なくするため、一気に飲み込む方が
私的に飲み込み易い状況です。

お口の中の状態は、皆さん違いますので、少量づつタイミングを見ながら飲んだ方が、
飲み込みやすい方もいらっしゃいます。
ライカーさんも放射線治療をされたとの事ですので、3~6ケ月位は喉の筋肉が硬くなっている状態かと思います。
時間が経過すると、喉の筋肉の動きも変わり飲み込み方も良い方向へ変わる事と思います。
無理されずに、ライカーさんの飲みやすい方法を見つけられて下さい。

私も手術からだいぶ経過してますが、未だに昨年と今年では食べられる(飲み込める)物が、
増えたりする亊が多くあります。

退院されて2カ月との亊で、まだまだ慣れずに不自由な亊が多いかと思います。
ゆっくり、時間をかけてリハビリをされて下さいませ。
ライカーさんにとって、美味しいお食事がみつかる亊を願っております。

また、いつでも遊びに来て下さい。


 

飲み込み

 投稿者:ライカーメール  投稿日:2018年 5月23日(水)08時32分13秒
返信・引用
  昨年末亜全摘、頸部郭清手術、春先から60gの放射線を行い四月に退院しました。放射線の影響も収まり漸く食べるリハビリに取り組んでますがもどかしい限りです。記事を拝見しますと一気に200ccを飲み干されてると知り驚いた次第です。コップから直接飲み干されてらっしゃるのですか?その際、舌接触補助床は装着されてますか?不躾な質問ではありますが回答頂ければ幸甚です。  

決断

 投稿者:明日香  投稿日:2015年12月20日(日)00時30分54秒
返信・引用
  こんばんは。

先日はアドバイスを有難うございました。
あれから色々旦那と話し合い、実際に主治医の転勤する病院を下見したりして
『主治医に付いて転院する』という決断をしました。
先週主治医にその旨を話したところ、主治医が「そうですか。嬉しいです」と
笑顔で答えてくれました。
普段とても飄々とした主治医ですので、まさか「嬉しい」と言われるとは想定して
いなかったのでこちらまで何だか嬉しくなりました。
「ではこれからもよろしくお願いします。とりあえずよいお年を!」と言われ
私たちも笑顔になれました。
年が明けたら転院先の病院に予約を入れる予定です。

これで今の病院ともお別れだと思ったのですが、再建をしてくれた形成外科の
先生に全く会わずに終わるのも…と思い3月に形成外科の予約を入れました。
最近はあまり診察をしてもらっていなかったのですが、やはり転院することを
思うと今後のことを含めてどうするべきか形成の先生にもお話しなくてはと思っています。
 

主治医

 投稿者:管理人  投稿日:2015年12月 1日(火)23時25分40秒
返信・引用
  こんばんは、明日香さん

主治医がいなくなってしまうのは、とても心配ですよね。

大病院ですと、サラリーマンと同じく3年程で転勤して、主治医が変わってしまう事も多くありますも

私も、3回以上主治医が代わり、カルテも電子化になり、私の病状を知っている先生はおろか、病気や治療の履歴もないような状態に最近はなってます。
主治医が変わると、放射線治療はしましたか?など、主治医から聞かれる事もあります。

それを考えると、主治医について、病院を替える事が出来るならとても良い事と思います。

また、主治医が代われば、治療にたいする考え方や治療方法も変わったりします。
特にリハビリ等は、違う部分が大きく出たりします。
良くも悪くも主治医が代われば、新しい発見があるかもしれません。
まだ3年であれば、今回は主治医の病院に行かれるのも宜しいかと思います。
次回の転勤の時は、またその時にお考えになられても宜しいかと思います。

万が一また癌が再発したとしても、5年以上経過していれば、前回の癌とは別の病巣と考えられる事も多くあるようですので、最初の主治医にこだわる必要はないかも知れません。

自分の病気の事を知っている方が少なくなると不安になったり
しますが、それだけ自分が元気で長く生活出来ているという、
証しでもあるかと思います。

今の主治医と相性が良いなら、病院を変わられても宜しいかと思います。
 

選択

 投稿者:明日香  投稿日:2015年11月29日(日)22時16分25秒
返信・引用
  お久しぶりです、明日香です。

先週4か月ぶりの旦那の検診でした。
おかげさまで今回も「異常なし」とのことでしたが、主治医から
「実は年内で転勤が決まりました」と言われて診察室で「ええ~!?」と夫婦で
声を上げてしまいました。

主治医の転勤先は今の病院よりはほんの少し遠くなりますが、決して通えない距離では
ありません。主治医からは「転勤先の病院で自分が引き続き診ることもできますし、
この病院がいいというなら他の医師に引き継ぎます。どちらでも構いませんよ」と
言われました。主治医曰く「術後3年半経過していて再発の確率はかなり低くなって
きていますしね」とのこと。これは自分についてきて欲しいからの発言なのか、
このまま今の病院で他の医師に任せても大丈夫だという意味からの発言なのか…。

私的には手術前の診察から手術の説明、手術自体、入院中の診察、退院後の診察と
この3年半の間ずっと診てくれた今の主治医に付いて行きたい気持ちが強いのですが
旦那は慣れ親しんだ今の病院が良いようにも思うようで。
とはいえ、今の病院には主治医がいなくなったら当時旦那を担当してくれた医師が
1人もいなくなってしまうのでそれもまた…と悩んでしまいます。

管理人様でしたら、どうしますか?
ご意見をうかがえたらと思い書き込みしました。よろしくお願い致します。
 

3年目

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 9月28日(月)12時35分21秒
返信・引用
  こんにちは、マリモさん。

ご無沙汰しております。

3年目の検査で、リンパ節に異常が見つかったとの事で、さぞご心配な事と思います。

リンパ節ですと、風邪等でも炎症のような症状がでる事もあります。
また、万が一癌であった場合は、3年目ですので前の癌の転移の可能性もあります。

私はリンパ節を初めから手術していますので、術後数年間は、リンパ節に炎症反応が残り検査する度に異常ありになってました。

リンパ節は癌に係わらず体調に異常があると、リンパ節にも異常が発生すはることが、度々あります。
全身に病気が循環しないために、リンパ節で止めるためです。

病理検査やエコー検査が今後必要となるかもしれませんが、お母様の診断が確定するまでは、あまりご心配されないほうが宜しいかと思います。

また何時でも、遊びに来て下さいませ。
 

(無題)

 投稿者:まりも  投稿日:2015年 9月24日(木)19時23分24秒
返信・引用
  管理人さま、ご無沙汰しております。

2012年、母が歯肉癌を患い手術した、まりもです。
おかげさまで、1年目、2年目を無事に過ごしてきました。

ただ、先日3年目のCT検査で、患部と肺に転移はなかったものの、リンパ節の異常が指摘されました。数日後連絡があるそうです。まだ、どんな異常なのかはっきりした診断も今後の検査についてもわからないので、何ともいえず不安です。リンパへの転移なのか、まったく別の癌があるのか、不勉強でまったく想像がつきません。何か似たようなご経験のあるかたはいらっしゃいませんでしょうか。

不安なあまり、乱文になりましたこと、お詫びします。
 

治療 

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 8月 4日(火)23時35分4秒
返信・引用
  こんばんは、ちいちいさん。

ご主人様が、脳外科で手術をされ、再発の疑いもあるとの事で、さぞご心配な事と思います。

大きな手術が続かれていらっしゃるので、ご主人様の体力もご心配かと思います。
まだ再発については、詳しくは診断がついていらっしゃらないようですから、これからのPET 検査等を聞かれて、ゆっくり治療方針を主治医とご相談されて下さいませ。
過度にご心配をされると体調にも宜しく無いかと思いますので、落ち着かない事と思いますが、検査結果がわかるまで、体力の回復を一番に考えられてお過ごしいただければと思います。

脳の圧迫もそうですが、早期に発見出来て本当に良かったです。再発の疑いの部分も前回の検査で分からなかったレベルの症状でしょうから、早めに検査を受ける事が出来て結果的に良かったと思います。

私も再発の疑いは、検査する度に何時もありますのでお気持ちはよく分かります。

抗がん剤治療も免疫力や体力が大切になりますので、夏バテされないよう、ご自愛下さいませ。

何かありましたら、何時でも掲示板にいらして下さいませ。
 

再発の可能性。

 投稿者:ちいちいメール  投稿日:2015年 8月 3日(月)10時07分2秒
返信・引用
  管理人さま、こんにちは。
先日は、お忙しい中お返事ありがとうございました。
ちょうど、管理人さまにお話を聞いてもらった、翌日から、熱中症のような症状が出て、トイレで痙攣を起こし、気を失ってしまったようです。その日から1日おきぐらいに、同じような症状が出て、16日の朝、痙攣を繰り返してしまい、救急車で病院に搬送されました。
前に、左右の脳に血が溜まっていると先生に言われ、脳外を受診しました。
すぐに処置をしなければいけないわけではなく、自然と無くなる事もあるし、症状が出た場合は、手術が必要になると言われました。とりあえず経過を見ましょうととの事でした。
救急車で運ばれた時、脳のCTを撮ったら、血液の範囲が広がっていて、脳を圧迫しているとの事で、その日に手術をしました。もともと癌で診てもらっている病院に搬送されたのですが、脳外の手術には、対応していないとの事で、別の病院に搬送されました。
術後、症状(ケイレン、血圧の低下)が出なければ、1週間ほどで退院出来ます。と先生にいわれたのですが、体を起こしたり、トイレに行こうとすると、具合が悪くなり血圧が80/40になったりしていました。脳外の先生のお話だと、脳の術後には、問題ないとの事で、癌の病院に連絡を取って、そちらの病院で対応する事になりました。
31日に頸のCTと血液検査をしたのですが、口の中の痛みやケイレン、血圧の低下の原因は、再発の可能性があって、そこからきていたようです。来週PET検査をする予定です。
今後の治療についてですが、今週の水曜日に先生からお話があるようですが、本人の体力が落ちていて(大きな舌癌の手術、放射線、脳の手術)すぐには、治療ができないそうです。
とりあえず体力を回復させて、抗がん剤治療等考えていくようです。
口の中の痛みがあったのに前回検査をしに行った時には、血液検査もCTも特に問題ないと先生に言われていました。なので、口の中の痛みが、再発かも?なんて考えもしませんでした。
本人も相当ショックを受けているようです。
放射線治療が終わってから、まだ、4カ月しか経っていません。
たくさん辛い思いをして、頑張ってただろうと思うと、言葉がみつかりません。
 

レンタル掲示板
/194